白蟻対策をするなら床下の点検を実施しよう

白蟻の被害対策>防蟻剤を使用した予防法がおすすめ 白蟻の被害対策>防蟻剤を使用した予防法がおすすめ

防蟻剤を散布する前に床下の様子を確認してみよう

すでに白蟻被害が見られる場合は、防蟻剤以外の対処も検討します。床下にもぐって、現状を正しく把握しましょう。

床下の確認方法

道具を揃える

暗い床下を隅々まで調べるために、懐中電灯やヘッドライトは必須です。蟻道らしきものが見つかった時、白蟻がいるか確認するためのマイナスドライバーも用意しましょう。ホコリっぽい床下環境に負けないように、軍手やマスクも必要です。頭をすっぽり覆う形の帽子をかぶって、汚れても良い作業服で確認作業を進めましょう。

床下を点検する

床下に入ったらすぐ、全体的な湿気具合を確かめます。地面が湿っていること自体は問題にならないのですが、じめじめした環境を好むカビや腐朽菌が見られたら危険です。白蟻の発生有無を調べるには、基礎の角に土がこびりついていないかチェックします。地面から基礎に向かって真っ直ぐ土がついていたら、詳しい調査が必要です。

蟻道の有無を確認

基礎の角、束石などに不自然な土が見られたら、蟻道を疑いましょう。周囲の木材をマイナスドライバーで叩いた時にふかふかする感じがしたら、白蟻被害がすでに広がっている可能性があります。蟻道の角のほうを少し崩すと、数匹の白蟻が顔を出します。一定期間で巣を捨てて移動する種類の白蟻もいるので、使用済みの巣は空っぽです。

白蟻の痕跡を見つけたら

白蟻がすでに発生しているサインがあれば根こそぎ駆除を考えたいもの、専門業者に依頼のうえしかるべき処置を急ぎましょう。

床下以外の場所も確認してみましょう

床下以外に、玄関や勝手口、外周などもチェックします。人の目に触れにくいところを好んで白蟻が侵入してくるので、普段あまり行かない勝手口や物置などは危険です。お風呂場やお手洗いなど湿気がこもりやすい箇所も白蟻のターゲットになりやすいため、隈なく痕跡を探します。トラブルが起こる前に定期的に点検して、白蟻を予防しましょう。

TOPボタン